自分でできる留学準備【高校生向け】

こんにちは。ユタカです。

前回の記事は厳しい話になったので、今回は具体的に留学をするときの準備などについて話していきます。

留学準備って大変ですよね。アメリカは日本とは大学入学の仕組みが違うので、戸惑うことが多いでしょう。

そのため、留学に関する手続きを手伝ってくれる留学斡旋会社はいくつかあります。だいたい10万円~の値段設定で、学校への連絡やビザ申請などを代行してくれます。

しかし、アメリカの大学に入学することは、意外と難しくはありません。用意する書類が多いことと、ただ単純に面倒くさいだけです。

時間節約のためにお金を払って、面倒くさい手続きをやってもらうこともまた一つの選択肢です。

しかし、渡米したあとも手続きなどはたくさんあります。何より、留学したあとは生活も授業も何もかも英語になります。そんな環境に身をおきに行くのであれば、入学の手続きを現地校と自分でやり取りできる程度の英語力は必須でしょう。

また、入学の手続きが自分でできた、というのは一つの達成感にもなり、以降の現地での生活の際の自信にもなるでしょう。

(何より10万円浮くのは大きいです。先1ヶ月の家賃+生活費が捻出できます。)

ということで、今回は、アメリカの大学の入り方を紹介します。

アメリカの大学の入り方は大まかに4通りあります。

  • TOEFL などで所定の点数を満たして学部入学
  • 大学附属の英語クラスを卒業してそのまま学部入学
  • TOEFL などを使って短大学部入学→4年制大学に転入
  • 短大の英語クラス→短大学部入学→4年制大学に転入

短大から転入するかしないかの判断基準は

  • 最初からフルスロットルで勉強をしたいか
  • 最初の2年間は勉強もそこそこにアメリカを楽しみたいか
  • 最短の滞在時期で卒業したいか
  • 授業料を安くしたいか

です。

短大から転入するメリット

  • 大学ほど授業がハードではないので、コミュニティ活動などがしやすい
  • いろいろな年齢層、人種が居るので、差別が少ない
  • 必要な英語力が体感少し低くても大丈夫
  • 生徒と教授の距離が近い
  • 単位ごとの授業料が安い

大学に直接入るメリット

  • 転入するよりも短い期間で留学を終わらせられる
  • 滞在費を節約できる
  • 同年代が多いので話があう
  • バイト、奨学金などの機会が多い
  • 履歴書の見栄えが良くなる

TOEFL 受ける? or 英語コースに入る?

4年制大学入学に必要な TOEFL(IBT) の最低点は 81点~100点、短大入学に必要な最低点は 61点が相場です。

TOEFL は大学センター試験や大学受験の模試とは比べ物にならない難易度ですが、これが一番時間とお金の節約になります。

ただ、現地での生活を知らないまま学部入学して授業を取り始めることは結構大変なので、最初は数学や英語などのクラスを取るのが吉です。

アメリカの数学の授業はものすごい簡単なので、環境に慣れることと生の英語を学ぶことに集中できると思います。

アメリカで英語コースから始める場合は、最初はクラスメイトが留学生だらけなので、友達が作りやすいというメリットがあります。

やはり同じ境遇だと仲良くなりやすいです。

また、先生のサポート体制も厚いです。普段の生活などについてもアドバイスをしてもらえます。

これは慣れない土地に単身乗り込む身としては強みですね。

結論としては、皆さんの境遇と将来の理想に合うのはどちらか、皆さんが選択すると良いと思います。

決めきれない場合はメールで相談してください。

大体の道筋が決まったら次は大学に連絡を取りましょう

連絡以前に「大学はどうやって決めるの?」と思うでしょう。

将来的な専攻などを考え、行きたい大学があるのであればそこを目指しましょう。

4年制大学には、Satellite Campus と言って、単位交換の制度が整っている短大を持っているところもあります。

行きたい大学のウェブサイトでサイト内検索をかけ、Satellite Campus を探してみるのもいいかもしれません。

特に決まっていないのであれば、留学斡旋会社に無料資料請求をして、そこに乗っている学校から良さそうなところを選んでも良いと思います。

いくつか候補が見つかったけれども決めきれずにいる場合は、メールを送っていただければ相談に乗ります。

学校を決めたら、学校の International Student Office に、入学をしたい旨を伝えましょう。

そうすると、入学に必要な書類のリストなどが送られてきます。ありがちなのは

  • パスポートのコピー
  • 高校の成績証明書(英語)
  • TOEFL 受験の際に必要な学校のコード
  • Application Fee (お金)
  • 銀行の残高証明(500万円以上あると良い)
  • 親の口座の場合、戸籍謄本(英語訳)
  • ワクチンを受けた証明書(保健所で申請)

です。お金を払う際は小切手かカードが基本だと思うので、どちらかを用意しておきましょう。

必要書類を送ると、学校側から「I-20」という書類が送られてきます。

この書類がないと学生ビザを申請できないだけでなく、アメリカに入国することもできません

I-20 をゲットしたら、いよいよ学生ビザ申請です。この作業が一番骨が折れます…

大使館のサイトから引用してみましょう。

オンライン申請書DS-160フォーム。 DS-160についての詳細情報は、 DS-160ウェブページ を参照してください。


米国での滞在予定期間に加えて6か月以上の残存有効期間があるパスポート(ただし、国別協定によってこれが免除される場合があります)。パスポートに1名以上が併記されている場合は、各人が申請書を提出する必要があります。


過去10年間に発行された古いパスポート


証明写真1枚  (5cmx5cm、6ヶ月以内に撮影した背景白のカラー写真)DS-160確認ページ左上部に顔にテープがかからないように留めてください。こちらのウェブページ に必要な写真の条件に関する情報が掲載されています。注:眼鏡を着用した写真不可。


面接予約の確認のため、面接予約確認書を提出してください。面接予約はこちら


米国の学校またはプログラムから発行されたI-20。申請者は必ずフォームに署名してください。


SEVIS費用を支払済であることを示すI-901 SEVIS費確認書を提出しなければなりません。詳細はSEVISウェブサイトで確認してください。クイックリファレンスは、こちら(PDF)をご覧ください。

http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-typefandm.asp

な…長い!!!!

これは必要最低限の書類なので、追加で、I-20の申請でも提出した書類をもう1セット準備して持っていきましょう。

また、現地のホストファミリーとのやり取りや住所等があると尚良しです。

それぞれのやり方は、上のリンクや公式ホームページに書いてあるので、しっかり読んで抜けがないように準備しましょう。

このくらいの作業は自分でできるようになったほうが、アメリカに渡ってからも安心です。現地で運転免許を取る、転校する、住処を変える、銀行口座を開く etc… となったときに重要なスキルです。

大使館との面接は、余裕を持ってスケジュールしましょう

結構先まで空いていない、なんてこともザラです。

大使館との面接のとき、外でだいぶ待つので、適切な格好をしていきましょう。

中に入ってからも長い上、ケータイなどは使えないので暇つぶしも大変です…

面倒な手続きや準備、面接を終わらせたらいよいよ渡米です!

必要な持ち物、あると便利な持ち物などはまた次の機会にお話します。

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です